dreambridge_logo.svg

野球が大好きな球児が
これからも野球を続けられるように

DREAM BRIDGE
置かれた環境を理由に

「競技を続けたい」
という思いを
断念することのないように…

プロ野球選手が

「夢を追いかけること」
「諦めないこと」

の大切さを
伝えます。

DREAM BRIDGE

近年、野球人口の減少は野球界が抱える大きな課題であり、野球というスポーツの発展のためにその課題の解決に尽力したいというプロ野球選手がたくさんいます。

アメリカでは、「スポーツを行う機会を提供することにより、少年少女を正しい道へ導くことができる」とデータ上で証明されています。  日本でも同様に、スポーツ人口を増やすことが、地域の発展や活性化はもちろんのこと、地域の保安にも役立つと考えられます。

そこでNPO法人ベースボール・レジェンド・ファウンデーション(BLF)では、プロ野球選手たちの「野球文化を守り発展させたい」という思いと、「スポーツの持つ地域貢献性」への願いを融合させ、プロ野球選手による新品の野球用具寄贈を行うプロジェクト『DREAM BRIDGE』を発足することになりました。

※米ニューヨーク・ハーレム地区の子どもの約58%が高校を中退してしまうのに対し、メジャーリーグが支援するこの地区の少年少女野球リーグ「HARLEM RBI」の子どもたちは96%が高校を卒業し、93%が大学の入学許可を得ている(BLF調べ/2013年)等。

VISION

「野球が大好きな球児が これからも野球を続けられるように」 そして 「その球児やまわりの人たちが 野球を通じてより豊かな人生を 送れるように」

MISSION

プロ野球選手が「夢を追いかけること」「諦めないこと」の大切さを伝えます。

DREAM BRIDGE

ー 2023年度概要 ー

支援対象
ひとり親家庭、もしくは児童養護施設・里親家庭で暮らす小学4年生から中学3年生までの球児。

応募条件
男女問わず、次のステージで野球を続けたい球児。
用具の寄贈を受けた場合、プロ野球選手へのお礼メッセージ(100文字程度)と寄贈された用具を持った写真(※)の公開が可能な方。

※提供いただいたメッセージと写真はBLFのホームページやSNS等で公開します。
※お顔の公開を希望しない場合は、後姿や首から下の写真、または寄贈用具のみの写真でも可能です。
※ホームページやSNS掲載時、仮名やニックネームでの掲載可、居住都道府県の非公表可。

支援内容
グローブ、スパイク、バットのいずれか1点と、選択できるプレゼント2点の計3点。プロ野球選手・OBからの応援ビデオメッセージもしくはメッセージ入りサイン色紙。

※メーカーはSSKとなります。

実施プロセス

message

みなさん、こんにちは。DREAM BRIDGEへようこそ。
唐突ですが、野球をするにはお金がかかります。グローブにバット、ユニフォーム、スパイク…これ以外にもたくさんの野球用品が必要です。
プロ野球選手も例外ではありませんが、支配下選手は基本、用具提供を受けています。
たくさんのサラリーを受け取っているプロ野球選手は野球用品に困ることはなく、一方で野球が大好きで続けたいのに続けられない子供たちがいる。
その現実から目を背けたくない自分がずっといました。
野球が大好きな子供たちに野球を続けてもらいたい、夢を諦めてほしくない、そんな想いからスタートしたこのプロジェクト『DREAM BRIDGE』
昨年応募してくれた球児たちの見事なまでの野球への思い、周囲への感謝の気持ち。
自分が彼らぐらいのとき、こんな思いで野球に取り組んでいただろうか…
とても考えさせられました。
純粋に野球が大好きな子どもたちが、まだまだたくさんいると思います。
是非、DREAM BRIDGEに参加してください。
子供たちだけではなく、困難に立ち向かうすべての方々へのDREAM BRIDGEになってくれたら幸いです。

福岡ソフトバンクホークス

和田 毅 選手

福岡ソフトバンクホークス

和田 毅 選手

message

みなさん、こんにちは。DREAM BRIDGEへようこそ。
唐突ですが、野球をするにはお金がかかります。グローブにバット、ユニフォーム、スパイク…これ以外にもたくさんの野球用品が必要です。
プロ野球選手も例外ではありませんが、支配下選手は基本、用具提供を受けています。
たくさんのサラリーを受け取っているプロ野球選手は野球用品に困ることはなく、一方で野球が大好きで続けたいのに続けられない子供たちがいる。
その現実から目を背けたくない自分がずっといました。
野球が大好きな子供たちに野球を続けてもらいたい、夢を諦めてほしくない、そんな想いからスタートしたこのプロジェクト『DREAM BRIDGE』
昨年応募してくれた球児たちの見事なまでの野球への思い、周囲への感謝の気持ち。
自分が彼らぐらいのとき、こんな思いで野球に取り組んでいただろうか…
とても考えさせられました。
純粋に野球が大好きな子どもたちが、まだまだたくさんいると思います。
是非、DREAM BRIDGEに参加してください。
子供たちだけではなく、困難に立ち向かうすべての方々へのDREAM BRIDGEになってくれたら幸いです。

DREAM BRIDGE PARTNERS

ドリームブリッジパートナー

株式会社マージェリック

株式会社ミナトマネジメント

株式会社givers

住起産業株式会社

株式会社
スプランドゥール

株式会社スプリード

株式会社エイビス

株式会社アレスト

アルプス電気

一般社団法人
ハートフルファミリー

株式会社ネクストベース

ロバートさんの
ネクストバッターズサークル

Copyright© 2022 DREAMBRIDGE All Rights Reserved.