新着記事

今シーズンより、オリックス・バファローズ所属の吉田正尚選手が、プロ野球公式戦においてホームラン1本につき10万円を国際NGO「国境なき子どもたち」(KnK)に寄付することになりました。

BLFでは、吉田選手のこの寄付活動をサポート・コーディネーションするほか、ファンの皆様がともに支援に参加できるオンラインの寄付ページを本日より公開します(寄付受付は29日より開始)。今シーズンは、吉田選手のホームランによる寄付とファンの皆様のオンライン寄付によって、目標金額300万円の寄付を集めることを目指します。

吉田選手とファンの皆様からの寄付は、国境なき子どもたちを通じて貧困や虐待により家族と暮らすことができないカンボジア、フィリピン、バングラデシュの子どもたちの保護や教育費として使われます。

◆オンライン寄付ページURL ※ファンドレイジングサイトSyncable(シンカブル)運営

https://syncable.biz/campaign/385

◆「国境なき子どもたち」とは

ストリートチルドレン、人身売買の被害にあった青少年、貧困層にある青少年など、おもに開発途上国で困難に直面した子どもたちの支援を行う、1997年に日本で設立された国際NGOです。

公式ホームページ http://knk.or.jp/

吉田正尚選手コメント
オリックス・バファローズの吉田正尚です。今シーズンより、公式戦でホームランを1本打つごとに10万円を「国境なき子どもたち」に寄付し、カンボジア、フィリピン、バングラデシュなどの開発途上国で貧困に苦しむ子どもたちへの支援に充てていただくことになりました。

いつも僕を応援してくださるファンの皆様にも、オンラインでの寄付を通じてこのプロジェクトの仲間になっていただければ幸いです。例えば、ホームランを打った日やお立ち台にあがった日、さらにはMVPを獲得の暁には、祝福を込めてお祝いの代わりに寄付していただけると嬉しいです。

助けを必要としている子どもたちに少しでも多くの支援を届けられるよう、ぜひご協力をお願い致します!

Copyright© 2018 BLF All Rights Reserved.
野球で人を救おう|BLF